【簡単キレイ!】シワにならないカッターシャツのたたみ方

皆さんは普段カッターシャツをどのように保管していますか?カッターシャツは、一回洗濯してしまえば新品でもシワができてしまいます。アイロンをかけたりクリーニングに出したりして、シワを伸ばした後は、キレイな状態をキープしたいですよね!ハンガーに吊るして保管しておければそれに越したことはないのですが、スペースの確保が難しい…なんてお悩みはありませんか?今回はお気に入りのワイシャツを綺麗にコンパクトに保管できるようカッターシャツのたたみ方についてご紹介したいと思います。

目次

カッターシャツをたたむメリット

ハンガーにかけて収納する方法は、正しいサイズのハンガーであれば、しわがつきにくくなります。しかし、サイズが合わない、薄すぎるハンガーを使って、キツキツに収納してしまうとかえってしわを増やしてしまう場合があるため、余裕を持った収納スペースが必要です。

持っているシャツの着用頻度を考慮して、たまにしか着ないシャツはキレイに畳んで収納し、よく着るシャツをハンガーで収納するためにスペースを空けた方が、シャツもクローゼットもキレイな状態をキープできますし、衣類の仕分けをしておくことは、出かける準備を効率よく進める上でも有効です。カッターシャツのたたみ方をマスターして、気持ちよくお出かけましょう♪

基本のたたみ方

カッターシャツの基本のたたみ方をご紹介します。

  1. ボタンを締めシャツを裏返す。襟や袖口のボタンも閉めておくとずれにくいです。
  2. 片側の身頃を折る。肩幅の真ん中ほどで中心に向かって。
  3. 2と同じ側の袖を折る。付け根からワイシャツの中心軸に平行になるように。
  4. 反対側も2〜3と同じように折る。
  5. 裾を少しだけ折る。袖口も一緒に折ってOK。
  6. 全体を半分に折りたたむ。
  7. 5で折った裾を隙間に折り込むと崩れにくくなって◎
  8. ひっくり返したら完成!

たたむのが苦手な人はしわになりにくいシャツを取り入れよう!

何回やってもうまくできないというぶきっちょさんには、シワになりにくい生地を使ったシャツをオススメします。普段忙しく、アイロンをかける時間が取れない方や、出張先で持っていくワイシャツとしてもオススメです。

まずはシワになりにくい特性があり、ビジネスシャツとしても重宝される“ツイル”。表面に斜めの畝(うね)が浮き出る織り方なので柔らかな光沢があり、手触りがよいなどの特徴があります。次に、ふっくらとした風合いで、シワがつきにくい“オックスフォード”。スポーツウェアにも使われるくらい通気性が良く夏向きの印象になります。どちらも春夏向けの生地なので季節に合わせたお洒落も楽しめます。他にも、形状安定加工(ノーアイロン)付のワイシャツも最近では多くあります。

いかがでしたか?今回はシワにならないカッターシャツのたたみ方についてご紹介しました。ハンガーにつるして保管すると着る時にはすぐに取り出せるメリットはありますが、どうしても幅を取るデメリットが。。。収納が限られている場合や季節の変わり目に収納する際にぜひ参考にしてくださいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: banner03.jpg

最新記事

  1. プライベートの時間のときに、仕事の話はしたくないけれど、特に趣味もない……と悩んでいるかたもいるよ…
  2. いつもBLOOMSをご利用くださりありがとうございます。母の日の贈り物に、素敵なブ…
  3. いつもご利用いただきまして誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、下記期間中は休業とさせ…

PAGE TOP